魔法の薬ジスロマック!

クラジミア感染病を治すジスロマックは即効性や副作用が少ない利点があります。抵抗のある人も安心な薬で、正しく服用すれば治る確率が高い薬なので紹介したいと思います。

知恵袋で体重による服用の質問が目立つジスロマック

ジスロマックは、クラミジアや淋病などの性病の治療薬として有名ですが、そのほかにも呼吸器感染症、中耳炎、皮膚感染症、尿道炎、子宮頸管炎、歯周病、また最近でアクネ菌の炎症を抑える作用まで見いだされ、ニキビ薬としても処方されるなど、幅広い治療薬として取り扱われているマクロライド系抗生物質です。
ジスロマックの主成分であるアジスロマイシンが、病原細菌の蛋白合成を阻害する作用があるので、これによって抗菌作用を示すことであらゆる病原菌に効果を発揮するのです。
ジスロマックはこのような病原菌に作用を発揮することから、250mg・600mgの錠剤をはじめ、成人用ドライシロップ、小児用カプセル、小児用細粒などさまざまなタイプがあり、病気の種類、病気の症状や患者の体重によって、お薬のタイプを使い分けたり、服用方法・服用量が変わってくるのも特徴的です。
アレルギー反応、副作用も少ないことから小さな赤ちゃんからお年寄りまでさまざまな年齢層に服用されているジスロマックではありますが、特に小さな赤ちゃんやお年寄りなどは体重や症状によって服用方法があっていない場合や、飲み方の誤飲などがあった場合は下痢などの症状が現れる場合もあります。
またジスロマックはあらゆる症状で取り扱われている治療薬だからこそ、服用する私たちにとっては手軽で身近な抗生物質という存在でもるがゆえに、知恵袋では体重による服用方法の違いなどの質問も多く見受けられるのも特徴的です。
しかし一般的な服用方法としては、「1日1回、3日間服用」で効果の持続性が約1週間から10日以上も作用を発揮し続けることがメリットでもあるジスロマックは、特に小さな赤ちゃんやお年寄りは担当医の指示に従った服用方法をしっかり守ることが重要でもあります。

上へ戻る